感想&考察

第三十九問[訪れたのは何故か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

三十八問をラストをおさらいすると、ミハヤが無縁墓地の幽霊?たちを連れていったところだった。その続きである。 関係性 無縁墓地の七不思議にけりをつけて、学校に戻ってきた速水ミハヤと中園ナツメを、犬飼と柱場ハルヲが出迎えた。これまで見えてこなか...
感想&考察

第三十八問[抜けたのは何故か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

七不思議の一つ「学校の外れにある無煙墓地には手を合わせてはいけない 手を合わせてしまうと追いかけられる」の検証をするため、第三十七問ではお墓に手を合わせナツメが「面白くなってきた」と言ったところで終わった。 七不思議、現出 手を合わせたミハ...
感想&考察

第三十七問[塞いだのは何故か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

知山アラタと為水ショウコ アラタの発案で七不思議狩りが始まった。アラタとショウコの二人一組で動くのは驚きである。ショウコの誘いで、アラタと行動しているらしい。わざわざ殺したいほどに憎いアラタと組む理由を「苦しむあなたを近くで見たい」と言うが...
感想&考察

第三十六問[蠢いたのは何故か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

前回、八個ある七不思議の中身がわかり、これから一気に物語が進むことを期待した三十六問。アラタは、七不思議の正体を暴きにかかる。 七不思議 アラタは、ミハヤとともに七不思議の秘密を探りに学校中を回っていた。 ほんとうに七不思議を暴くつもりがあ...
感想&考察

第三十五問[捉えたのは何故か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

三十四問までのアラタとミハヤとロマンスは鳴りを潜め、もう一つのテーマである七不思議に展開した。 走るミハヤ Twitterでは先出ししてくれていたミハヤは、冒頭に登場した。ストーリーに絡みはしなかったが、今までにないミハヤであり、新しい扉を...
感想&考察

八月九日 僕は君に喰われる。 第29刻後半 感想&考察

第29刻前半にて、ヤマノケに憑かれた加藤を取り逃がしてしまった志藤ハスミ。後半を見ていこう。 怪異を纏まとう ヤマノケを取り逃がした直後、牛女から忠告により静止したハスミ。一旦、柱場に報告をし始める。 この時の会話で、ハスミが使える怪異が2...
感想&考察

八月九日 僕は君に喰われる。 第29刻前半 感想&考察

ヤマノケ ヤマノケは、同僚の背中から上半身が生えている。木の根っこのようなものでつながっており、ヤマノケだけの姿を語ると、切り株のから腕が伸びていると評するのが適切だろう。寄生された人間の口で会話をしているが、ヤマノケ側の頭部も存在しており...
感想&考察

第三十四問[誓か呪か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

本編更新&三巻発売で、とても喜ばしい記念日ですね!さっそくの三十四問の感想と考察を進めていきましょう。 お化け 廃校に入り、お供え物の写真が撮られたところまで来たアラタとミハヤだったが、お供え物の一部無くなっていた。そのことについての疑問を...
感想&考察

第三十三問[火か煙か] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

三週間ぶりの本編エピソードだ。アラタとミハヤの交流回は前回までで一区切りがついて、新しい物語がスタートした。 おばけ? 新しい不思議譚の登場である。『裏山の廃校にはお供え物が毎週備えられており、お化けが出る』という噂話が小学生の間で広く流布...
感想&考察

第三十二問[   ] つれないほど青くて あざといくらいに赤い 感想&考察

死角の何か 左目を怪我したアラタは、病院通いが続いているようだ。 そこで、奇妙な体験をする。誰かにぶつかったようだが、周りにそんな相手はいないと看護師に言われたのだ。 それは帰ってからも続く。自宅の中で人にぶつかるのだ。 誰ともぶつかるはず...